メインイメージ画像

経年劣化してきたら!

前の浴室はタイルの床や壁、手狭な湯槽でした。隙間風や経年劣化が気になりますか?目についた今が、リフォームを視野に入れる時でしょう。浴室リフォームの諸注意をいくつか説明しましょう。まず、浴室に作られる窓です。外部からの視線が不安だとするとリラックスして湯船につかれないでしょう。一方、窓の対角線上に明かりをつけると、窓側に影が反射してしまいます。

2項目目は浴室の安全策と思われます。滑らない原材料の床、手すりなど高齢者のいる家庭はとりわけ注意が必要でしょう。

あなたが住まいのリフォームを間違えない為には、業者選びが胆となるのです。セールスのリフォーム業者は選ばない方がいいと思われます。信じられるリフォーム業者はどのようにして選択すればよいと予想しますか。

一つ目は、リフォーム業者として経験の長いところを選択しましょう。施工件数、建築施工管理技士比べて下さい。2項目目は、注文者の側で見ているかを観察して下さい。ミーティング対峙する態度、具体的項目の内容を聞いた時、親切に応対してくれるか注意しましょう。