医療保険の仕組みと加入の仕方

「家族保険」のメリットとは

医療保険に加入する段階で、もしも家庭を持っていたとしたら、加入の仕方は自ずから変わってくると思います。個人的な保障だけではなく、家族の生活をも保障してくれる医療保険を選ぶべきでしょう。医療保険の加入者が一家の主だった場合、彼が病気で入院、長期療養になった場合に、留守を守る家族の生活と経済的な負担を軽くするための保険に入らなければなりません。また、怪我が多い職場ならそちらの保障も必要でしょう。家族のことを考えれば、子供がまだ小さくて、怪我をしたり事故にあったりすることも考えられます。そのための傷害保険も必要になってきます。必要な保健に1つ1つ加入していくと、医療保険に支払う保険料はかなり高額な金額になってしまいます。その対応策として生み出されたのが医療保険の中でも「家族保険」というスタイルです。「家族保険」と言うのは、万が一、契約者である夫が死亡したケースでも、保険の契約がそのまま継続するシステムになっています。これは、契約時に申告をした家族ならば誰もが、あらゆる病気、怪我に対して、保障してもらえる場合がほとんどです。途中出産などで家族が増えた場合には追加もできます。ただし、「家族保険」のデメリットとして、保険金の支給額が若干低めに設定されていることが多いので、どうしても不安に思うなら、そのポイントのみ、単独で医療保険に加入して強化するということもできます。

「第三分野保険」の販売自由化

日本では、長期に渡って、医療保険のような「第三分野保険」は、アメリカンファミリー生命保険(アフラック)の寡占状態が続いていました。しかし、1996年の新保険業法で、生命保険業と損害保険業の相互参入が可能になりました。本来ならばこの時点で、国内の保険会社の「第三分野保険」市場への参入も解禁される予定だったのですが、外資系、特にアメリカ系保険会社の利益の保護を考えるアメリカの思惑もあって、日米保険協議の結果、この「第三分野保険」での市場独占は2001年まで延長することに決定しました。これは「激変緩和措置」と呼ばれています。2001年にこの激変緩和措置が撤廃されますが、この時、医療保険への参入が許可されたのは、大手の生命保険会社と、同じく大手の損害保険会社の子会社の生命保険会社に限られていました。大手保険会社が、医療保険の市場に参入可能になったのは、同年の7月からでした。ここで初めて医療保険などの「第三分野保険」の販売の自由化が認められたことになり、国内の大手保険会社はもちろん、たくさんの保険会社がそれぞれの特徴ある医療保険を揃えて、市場に参入し、現在のような医療保険の自由競争が始まったのです。

アメリカの医療保険は高額?

日本とアメリカの医療制度を比較してみようと思います。大変大きな違いの1つが公的医療保険です。我国では、全国民強制加入の国民健康保険で、地元や里帰り中の病院、医院、個人・総合病院、公立病院など、どこでも自由に診察を受けることができます。さらにかかった医療費も、どこであっても同じように保険が利くので安心です。また、緊急時には誰もが病院で最善の治療が受けることができます。これは保険が発展した日本ならではなのです。アメリカの医療保険の最大の問題点は、アメリカには日本の国民健康保険に該当する公的な医療保険がない、と言うことです。このため医療保険に加入しようと思ったら、民間の保険に加入するしか方法がないのです。数多い民間の保険会社の中から、自分自身や、自分の家族に最適の保険を探さなければならないのです。ただし、企業に勤めていた場合には、その企業が契約している複数の保険会社の中から、家庭の事情や経済的な状況に一番合った保険を選び出すことができます。範囲が少し狭くなる分、探しやすいかもしれません。アメリカでの民間医療保険の保険料は、日本と比べるとかなり高額で、安い保険でも日本円で2万円程度、保証内容を充実させようとするならば、大体20万円程かかります。従って医療保険に入りたくても経済的な問題から加入できないという国民も多く、保険課入社の割合は6割程度にすぎないのが現実なのです。残った4割の国民のために、保険専門の救済制度が取り決められており、非営利団体の人々も支援の為の活動を続けています。

オンラインで保険加入はじっくり検討

医療保険に加入はしたいが、保険会社の外交員と会う時間が中々取れない、だとか、ちょっと外交員は苦手だ、と言う方には、インターネットで加入をする、と言う方法もあります。オンライン加入、と呼ばれる方法です。金額が小さかったり、大きな医療保険には入っているが、足りない部分だけを掛け捨てと言う形で補足したりするときには向いている方法だ、と言えるでしょう。ある意味、保険の通信販売、と言ったところなのですが、各家庭に1台以上のパーソナルコンピューターが備わり、インターネットの普及率が高まっている現代では、医療保険を手軽に感じることができるでしょう。インターネットで各社の医療保険を検索し、保障内容や、保険料の金額や支払い方法などをよく比較検討して、加入する医療保険を決定します。オンライン加入ですから、家庭にいたままインターネットを通して加入することができるのです。この方法で加入する場合、該当する医療保険の申し込みフォーマットに記された各項目に、必要な事項を打ち込むだけで、対面式で加入するのと同様の契約ができるのです。オンライン加入だからと言って、外交員を通して直接加入した場合と何の変わりもありませんので、その点は安心してください。後日契約書や約款が、送付されてくるのです。

ガン保険で大きな保障を受けよう

以前までガン保険は、生命保険の特約として扱われていました。医療保険自体も、長く生命保険の特約という形が多かったのですが、時代と伴に医療保険が単独の保険として販売され、その中でも特にニーズの高いガン対応の保険が、ガン保険として独立しました。現在日本人の死因の中でも、ガンはおよそ3割を占めています。つまり10人のうち3人はガンで亡くなっていることになります。最近は早期発見や、医学の進歩によって治癒率も高まっている為、ガンに罹患しても命を取り留める人も増えて来ています。それを考慮するとガンにかかる人の割合はさらに高い数値をはじき出すことになります。ガン患者が増えている原因としてライフスタイルの変化や、食生活の欧米化などが考えられています。増え続けるガン患者や、その家族の為の医療保険がガン保険なのです。ガンの治療には一般的に、手術や放射線治療、抗ガン剤など用いられますが、いずれの治療方も高額な治療代と入院費がかかります。またその間の経済的なマイナスも大きなものとなるでしょう。それを少しでも解消するものがガン保険だと言えます。ガン保険は医療保険の中でも、ガン疾患を特別に保障することで、普通の医療保険と同額の保険料であっても、より大きな保障を受けることができるように考えられた医療保険なのです。

最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク